What's new !

【新型コロナウィルス感染拡大予防対策に関して】

全国的に新型コロナウィルス感染者数が増加傾向にあります。

劇団アンゲルスでは8月公演「竜宮の快」に向け、以下の感染拡大予防策を実施しております。


・出演者・スタッフの体温及び体調管理
出演者・スタッフは自宅で検温を行い、体温・体調に異常がないか報告をしたうえで稽古に参加しています。

・手指の消毒
 参加者は稽古場入室時、備付けの消毒液で手指の消毒を行っております。

・稽古場の換気
 定期的にスタジオの換気を行っております。また、備付けの空気清浄機を常時稼働させております。

・マスクまたはフェイスガードの着用
参加者は稽古場でマスクまたはフェイスガードの着用をしております。

・稽古場での食事禁止
 稽古場での食事は禁止しております。※給水は可。

・適切な距離の確保
 作品の性質上、舞台上で俳優同士の接触がございます。上記の対策を講じた上、細心の注意を払い稽古を行っております。
 また、出番待ちの俳優・スタッフにおきましてはできる限り密接しないよう距離の確保に努めております。

・感染拡大地域への往復があった場合
 参加者に感染拡大地域への往復があった場合、または感染拡大地域からスタジオへの出入りがある際は、事前にPCR検査又は抗原検査を行い、陰性を確認しております。


以上の対策に加え、本番2週間前から出演者及びスタッフは随時PCR検査等を実施する予定です。
今後もSNS上で感染対策に関する記事を公開してゆく予定です。

この作品は出演者に対して、あらゆる状況や立場のなかで、「必死で生きるとはどういうことか」という問題を突きつけてきます。

必死で生きることは、他者や自分を取り巻く現状との摩擦を必ず生みます。

作品を生み出す行為は正に「必死」です。当然あらゆる方面との摩擦が生じます。それはコロナ禍にあって尚顕著に現れます。これまでの上演活動に対しても様々なご意見をいただきました。それらのご意見を真摯に受け止め感染対策を万全をに、8月公演を行う所存です。

メキメキ頭角を現し始めた金沢市の若手俳優達を中心に、まるで自由には行かない状況下での、必死の作品創りがどのように観客を揺さぶるのか、ご期待いただければと思います。

公演情報

1591074591763

劇団アンゲルスの最新の公演情報をお届けします!

続きを読む

劇団紹介

07maingallery

続きを読む

スタジオ案内

39

続きを読む

MENU