2021年 劇団アンゲルス公演「十三夜」

“廃墟に佇む“ No.2. 「十三夜」=樋口一葉=

明治女には不思議な魅力とカッコよさがある・・・
明治は、リアリズムの時代でした。それも、透きとおった、格調の高い精神でささえられたリアリズムでした。

——「これは明治国家のシンというべきものです。」(司馬遼太郎)。

劇団アンゲルスは、前作「おーいゴドーおーい」に続き、「廃墟に佇む者」のリアルに迫ります。頼るべきものが無いこの世は、「鬼」ばかり。鬼は、死んだもの、幽霊なのだから、私は生きたものの“生“を生きる・・・一人の女が廃墟に佇んでいます。

出演は、下條世津子(シェークスピア作品、ジョバンニ、お吉等、アンゲルスの主要な舞台に出演)。一糸(俳優座を経て今再び舞台に登場。アラブの母娘の物語ハイル・ターイハを下條と好演)。 田中祐吉(職場を持ちアンゲルスの舞台に多く出演。ユーリディスの手、下田のお吉の鶴松、星の王子さまのサンテク・ジュペリ、親殺したちの夜では兄、等々を演じている)。 三人の俳優に加え、ギターの垣田堂は、月を見上げる者達の“メランコリック“に向き合う演奏が冴える。舞台美術では、照明の本庄亮が、小劇場の魅力を重層的に炙り出し、さらにライティングアートの戸田秀昭が、揺れ動きながらもどこか硬質な印象を今回の“荒野“に刻んでいく・・・ご期待ください。


明治という時代、あるいは国家は「世界史の中の一つの奇跡」  
ー司馬遼太郎ー



明治女には、不思議な魅力とカッコよさがある
・・・思いのまま流れていくことのできる聡明さがほしいところです 
ー石川真理ー

写真ギャラリー(スタジオ犀公演)


撮影:ハヤシハジメ

作:樋口一葉

スタッフ

台本・演出:岡井直道

ライティングアート:戸田秀昭

ギター:垣田堂

出 演 

一糸
下條世津子
田中祐吉

申込み

▶︎ 観劇申し込み:劇団アンゲルス(theaterangelus@gmail.com

文化庁 文化芸術活動の継続支援事業

蔵スタジオ公演

日時

4月17日(土)19:30
4月18日(日)14:00※
18日14時の回はLIVE配信を行います。チケット予約は下記のボタンから

会場

蔵スタジオ×おけらcafe
野々市市中林3丁目117
駐車場あり

入場料

(1ドリンク付き)
一般:¥1,000
高校生以下:¥500
Web視聴:¥1,000

スタジオ犀公演

※スタジオ犀公演は終了しました

日 時

2月6日(土)14:0018:00
2月7日(日)14:00※

※7日(日)14:00の回はLIVE配信を行います。チケットは下記のボタンからお求めいただけます。

会 場

スタジオ犀

入場料

一般:¥2,000
高校生以下:¥500
Web配信:¥1,000